レッドプラティのひさし

二重査定制度といったシステムがあります。これは、再査定制度とも呼ばれているものです。どういう制度かというと、査定後に申事されていないダメージが見つかった際、買取業者が査定金額をチェンジできるというものです。買い入れ業者は、査定した後にきずが見つかると、予定していた金額で転売できなくなります。査定の際、車のコンディションをごまかして申告し、それが後ほどわかった場合などに、この制度が適用され、査定額が変更されてしまいます。つまり、一回は高額査定が提示されても、後で査定額が低く変わってしまうということです。基本的に買い取りディーラーのロスを防ぎ、買取店に都合よいように働くようになっているのが、二重査定制度です。それにより、売り手側は、審査に出す場合は、車の状態をしっかりと報告することが不可欠です。まず初めに確かな査定額を出してもらえるよう、自身が知る限りの状態は全部きちんと申し立てすることです。査定前に事前に申立てしていれば、それが重度であったとしても、査定側の義務になり、後で減額されることはありません。二重査定制度とよばれるものは、実のところあらかたの業者が採用していて、契約書に小さく書かれていることがあるので、よく目を通しておく必要があります。